引越しの事ならエルベレジェに“おまかせ!”

オフィス引越しの料金相場

会社が大きくなってきたら、今後の更なる成長のためにも事務所移転を検討するのではないでしょうか?

引っ越し先となる移転先オフィスを探して、オフィスに合う家具を決めて内装工事をして、配線工事もしないと…と色々な検討を進めていく中でふと、
移転費用っていくらくらいなんだろう?
と疑問に思うのではないでしょうか?

オフィスの移転引越しでは、費用だけでなく普通の個人の引っ越しとは異なる点が多々あります。
そんなオフィスの引越しの料金相場とオフィスの移転に関わる様々なことについて解説していきます。

オフィスの引越し料金相場


オフィスの移転費用は、移転先までの距離や荷物の量、作業内容などによって金額がまったく変わってきます。
そのため、見積もりを取らないと正確な金額は分かりません。

しかし事務所の広さと社員の人数、引越し業者の作業員の人数から概算金額を算出することができます。
事務所の広さによって原状回復工事の費用の目安を算出できます。

原状回復費用は1坪あたり約5万円
社員の人数に荷物量も比例すると考ると
社員の人数×2万円
引越し業者の作業員の人数から作業内容は比例すると考えて
作業員の人数×2万円
この3項目で、会社引っ越しの概算費用を算出できます。

また、ネットではこれらの要素を入力することで簡単にオフィス移転費用シュミレーションができるサイトもあるので、そういったサイトを利用しても良いと思います。

オフィス引越しの注意点


オフィス引越しでは、個人の引越しで問題となるトラックの大きさや荷造りの問題とは全く異なる注意点があります。

まず、オフィス引越しでは現状回復工事が必要になります。
これはオフィスを借りた時の姿に戻して返すということです。
そのため使い方によっては内装工事や配線工事も必要になるでしょうし、自分達でやれない作業では専門業者に対応をお願いする必要も出てきます。

因みに、個別に業者に頼むよりも引越し業者に内装工事も依頼した方が安く済むことが多いようです。

また、持っていく荷物の中には重要書類の書類整理や梱包方法、輸送方法の検討も必要です。
この作業も引越し業者によっては代行して引き受けてくれるので、任せられる所は任せても良いと思います。

その他にも企業によって様々な問題が起こるでしょう。
大切なことは事前に対策を立てて、充分に準備をして移転作業を進めることです。
しっかりと準備さえできていれば大きな問題になることもありません。

オフィス引越しを安く済ませるには?


オフィス引越しを安く済ませるポイントは、ネットから一括見積もりを行い、複数の引っ越し業者を比較検討し、価格交渉をすることです。

世の中には大手の引越し業者もあれば、会社事務所専門の引っ越し業者もあります。

その沢山の業者の中で、どの業者が自社の場合のオフィス移転を1番安く済ませられるのかということを独自に検討するのは難しいでしょう。

そのため、ネットから一括見積もりをして、それぞれの業者から訪問見積もりを受けて、比較検討し値段交渉を進めていくことが1番確実に安く済ませるポイントです。


オフィス移転は検討する要素も多ければ、掛かる費用も多くなる傾向にあります。
安易に引越し業者に依頼すると割高の料金になってしまうこともあるので、安く済ませたいのなら必ず複数の業者を比較検討し値段交渉をしましょう。
また、その際には原状回復工事を含める、含めない、機密書類の輸送を含める、含めない、など複数のパターンで見積もりを貰うとその後の検討がスムーズに進みます。

個人の引越しよりも規模も決めることも多いので大変になると思いますが、頑張って下さいね。


↑ PAGE TOP