引越しの事ならエルベレジェに“おまかせ!”

業者別まるごと引越しサービス・プラン比較

家族引越しは作業が大変


家族単位の引越しになると、単身パックの場合よりも時間と手間がかかります。
県外への引っ越しともなれば人に頼むのは難しいので、当然引越し業者にお願いすることになるかと思います。

しかし引越し業者に頼むとなると、どのくらいの価格で、どのようなサービスやプランに対応するかは業者によってバラバラですし、何にポイントを絞れば良いかが分かりません。
今回は、実際に引越会社に頼むときにどうすれば一番おトクな方法なのかを比較してみたいと思います。

どんなサービスがあるのか


家族の引越しの場合、すべきことの多さや荷物の量を考えると自分たちだけで済ませるのは難しい場合があります。
無理のない範囲で「できる」と「できない」を線引きし、「全部おまかせ型」か「一部おまかせ型」のプランを選択することが大事になります。
家族の引越しのコツは「自分たちだけでしようとしない」ことです。

【全部お任せタイプ】
大物家具の搬出、搬入はもちろん、小物類の荷造り、荷解きまで全ておまかせできるプランです

こんな人におすすめ
・忙しくて梱包する時間がない
・小さなお子さんがいてなかなか梱包できない
・面倒なのですべて任せてしまいたい
・梱包の仕方がわからない

【一部お任せタイプ】
大物家具の搬出、搬入はもちろん、小物の荷造りまで引越会社に任せます。
小物類の荷解きは自分で行うプランです。

こんな人におすすめ
・荷解きは自分で実施したい
・引越し前までは忙しいが、引越し後は時間に余裕がある
・金額は抑えたいが楽に引越ししたい

業者に複数の見積を取る場合は一括見積もりのサイトを利用すると便利です。
見積もり方法は入力フォームに1回の入力だけで、その地区に対応している引っ越し会社に連絡することができます。

一括見積サービスの最大のメリットは、複数の業者の見積を提示させることができるため格安の引越料金でできることです。

次は各業者をいくつかピックアップしてサービス内容を比較してみたいと思います。

・各業者別、サービス&オプションまとめ

おおまかな目安ですが、家族引越し向けに3種類のプランを用意しているところは、
① 全ておまかせ
② 小物荷解きのみ自分で
③ 小物荷造り&荷解きを自分で
のプランに分かれています。

【各業者の引越しプラン内容】

・アリさんマークの引越し社


全て業者におまかせ+家具の中身も写真に撮って全て元通りにというプランがあります。

【資材提供の有無】
段ボール50枚まで、布団袋2枚、ガムテープ2本、
ベットマットカバー、ハンガーボックス

・佐川急便


トラック&ドライバーのみを用意してくれる、チャータープランという格安プランがあります。

・サカイ引越センター


全て業者におまかせ+ダスキンのクリーニングサービス。また、10分間サービスという洗濯機の取り付け、冷蔵庫の取り付けなどのサービスを実施しています。ただし、専門的な作業等の対応は不可能とのことです。

【資材提供の有無】
段ボール50箱迄、ハンガーボックス5箱

・ダック引越しセンター


全て業者におまかせ+各種引越手続、新居レイアウト、家電購入等プロのスタッフによるスペシャルな引越し

【資材提供の有無】
荷物量に応じて段ボール無料。
和服専用段ボール、レコード・小物用段ボール、ハンガーボックス、クーラーボックス
しらうす紙(梱包用の柔かい紙)、ガムテープ50m、エアーキャップ
特別梱包用段ボールシート

・ヤマト急便


ヤマト急便の家族引越し向けのプランは、シンプルで1種類しかありません。
「準オーダーメイドの引越し」をテーマとしていて、必要なサービスだけチョイスできるセレクトオーダー方式なるものを採用しています。
ただし、資材の回収がオプションだったり、荷造り&荷解きもオプションのようなので注意したいところ。

最初からパックになっていて、プランが決まっているのが嫌な方は、ヤマト急便がぴったりだと思います。

【資材提供の有無】
エコ資材を利用した梱包
こちらで資材を準備する必要が無く、梱包作業といってもただポンポン箱へ入れるだけなので簡単に梱包が済みます。食器の梱包を自分でやると新聞紙で包んだりかなり時間かかりますが、この梱包ではその手間が省けます。

・アート引越しセンター


移転手続きの代行サービス。
NHK、新聞、電力会社、ガス、郵便局へ住所変更に加えて、ブックオフで不要になった本やCDなどの処分品の査定、各種プロバイダの紹介や車の無料査定まで無料で手続きを代行してくれるサービス。
荷物等が多い場合はかなり楽だと思います。

【資材提供の有無】
エコ楽ボックス無料貸出


・アーク


段ボール50枚、ハンガーボックス4個

ただ、単身者の場合とは違い、家族引越しの場合は格安料金だけが絶対の条件ではありません。
早めに準備をしてそれぞれの業者のサービスも比較しましょう。

↑ PAGE TOP