引越しの事ならエルベレジェに“おまかせ!”

引越しキャンセル時の料金と注意点

急な事情や都合で予定日を前に引越しをキャンセルしなければならなくなってしまうことは誰にでもあり得ることです。

でも、突然引越しをキャンセルしたらどうなるのでしょうか?
引越しをキャンセルした時の解約手数料が掛かるのか?
引越しの日程を延期した時の延期手数料も必要なのか?
事前にもらってしまった資材やダンボールの費用はどうなるのか?

そんな引越しのキャンセル時の料金と注意点をまとめました。

引越し業者の違約金の定め



引越し業者は国土交通相が交付している、引越事業者が守るべき約束が書かれた「引越運送約款」によって様々なルールが定められています。

そして、その引越約款の中では違約金のことも定められています。
そこには
引越し予定日、前日のキャンセルや変更の違約金は引越料金の10%以内
引越し予定日、当日のキャンセルや変更の違約金は引越料金の20%以内

と明記されています。

つまり、引越し予定日の前々日までにキャンセルや変更の連絡をすれば違約金を支払う必要は無いということです。

但し、引越し約款では
「解約の原因が荷送人の責任による場合には、解約手数料とは別に引越業者が既に実施し、又は着手した附帯サービスに要した費用(見積もり書に明記したものに限る。)を収受します。」
とも明記されています。

これは要約すると、『引越しを依頼した契約者の都合で引越しをしないのなら、解約手数料とは別に引越し業者側で手配や準備していた分に関しては、引越し業者は請求しても良いよ』ということです。

例えば、引越しに伴って清掃サービスや梱包サービスなどの付帯サービスを依頼していて、見積もりに含まれている場合には、これらのサービスで既に引越業者が手配や準備している費用に関しては請求される可能性があります。
この辺りの違約金の請求は引越会社によって対応が異なります。
基本的に約款では違約金は理由に関わらず請求できることになっていますが、引越業者によっては、理由を伝えて相談することで特別な計らいをしてくれる所もあるからです。

何はともあれ、引越しを延期、キャンセルすることになったら、お互いのためにもとにかく早く引越事業者の営業担当に連絡した方が良いでしょう。

また引越し約款では、引越し予定日の2日前までに見積もり内容を契約者に確認することが義務付けられています。

これはつまり、引越し予定日の2日前までの間に引越し業者から電話や訪問などの方法で見積もり内容を確認されていない場合には、引越し予定日の変更やキャンセルをしたとしても違約金を払う必要が無いということです。

事前に資材やダンボールを受け取っていた場合

契約成立時に無料提供されることもある資材やダンボールは、実は引越しをキャンセルしたら返却、または買取しなければなりません。
その規定は大概見積もり書の裏の小さな文字で書かれています。

また、もしキャンセル時の規定が見積もりに書かれていない業者がいた場合、その業者は悪徳業者の可能性が高いので避けた方が良いでしょう。


引越し予定日のキャンセルや変更は余り頻繁に起こることではありません。

そのため、いざそういった事態に陥った際には、どのように対応したら良いか分からず戸惑ってしまうことでしょう。
もし引越し予定日のキャンセルや変更が生じたら、まずは落ち着き、この記事で紹介した約款の情報を頭の隅に置いて引越し業者に相談してみて下さい。
殆どの業者は誠意を持って接すればキチンとした対応をしてくれます。

稀に、こちらは約款の定めを知らないだろう、とタカを括って無茶なことを言ってくる業者もいますが、こちらがキチンとした知識を持っていれば無茶なことを言ってきても毅然に対応でき、ぼったくられることもありません。

↑ PAGE TOP