引越しの事ならエルベレジェに“おまかせ!”

単身引越しを安く済まそう

単身での引越しは、家族の引越しと比較すると荷物も少なく安く済みそうですよね。
それでも単身引越し専門のパッケージプランなどを利用するとさらに安く済ませることができる場合もあります。
大手の引越し業者では単身の引越しパックは大体取り扱っているようですし、大体の平均相場は約4~6万円と、そんなに大きな差はないようです。
大手引越し業者で単身引越しサービスが人気なのはヤマトコンビニエンス単身引越しサービスではないでしょうか。
大手ですが同一市内の引越しであれば最安値で13,000円も可能との事です。
また平日割引や早期申込割り引き、WEB割引などのサービスもあるので、激安だけど聞いた事が無い業者にお願いするよりは?と思う方にはお薦めです。

この他にもヤマトに負けず劣らずで単身引越しサービスに力を入れている業者も少なくありません。
引越し料金を安くするための方法が満載のサイト『引越し料金LAB』さんの“単身引越し”情報でも各業者の料金、レンタカーを使った自力引越しでの費用、単身最安業者の赤帽の料金が掲載されています。
単純に費用だけではなく3つの方法のメリット、デメリットを上げてわかり易く比較されているので、単身引越しで悩んでいる方は良い参考データになると思います。
引越し料金LABさんの単身引越し情報はここ⇒単身の引越しのコツ

1万円台も可能の赤帽

引越しの距離によっては遠くなるほど金額が高い場合もあるので注意が必要です。
かなり破格の料金を掲げている単身向けの引越し業者といえば赤帽が有名です。
基本料金から距離や時間で加算されていく方式になっているようです。
近距離の市内や隣接する地域に引越す場合は1万円台での引越しも可能になります。
しかし、作業員とドライバーが一人だけですので、必要があれば自分も手伝わなければなりませんし梱包や資材などできることは全部自分でやらなければなりません。

宅配便を使うという手も

荷物もそんなにない単身の場合、引越し事情によっては宅配便を利用すると便利な場合もあります。
大型の家具家電はなく、段ボール類などの場合は宅配便で済ませる事もできますね。
まあ極端な話ですが。

でも上京する学生さん、新社会人の方などで必要最低限の荷物で上京し、大きな家具家電は引越し後に揃えるというケースで、
なおかつダンボールが10箱以下となると、宅配で送ってしまった方が安上がりの可能性大です。
もちろん自分でレンタカーを利用したり自分で運ぶのであればさらに安く済ませる事もできます。
単身での引越しを安く抑えるポイントは、引越しの際の距離と荷物の量が決めてになってきます。
荷物をできるだけ少なくすればその分安く済みますし、荷物整理はしっかり行っておきましょう。

↑ PAGE TOP