引越しの事ならエルベレジェに“おまかせ!”

私がオススメする引越し業者の特徴

引越し業者の無料の見積もりを自宅へ招いてお願いするところから、引越し業者との相性の確認は始まっているといえます。
引越しは「引越し荷物を運び出し、新居へ運び込む」単純ともいえる作業ですが、大切な家具や家電、思い出の品々を託すことになるのですから、信じられる、信用するに値する引越し業者へ依頼する事ができ、マイナスがあったとしても、結果として「良い引越しだった」と言えるような引越しをするためにはどうしたらいいのでしょうか?!

無料見積もりから引越し業者の見極めは始まっている

無料見積もりのために、自宅へ引越し業者を招きます。
自宅へ招く時の、見積もり担当の方の所作で、教育の行き届いた業者かどうかを見ることができます。
以前、見積もりを依頼した際、名刺の提示もなく、上がるように勧める前に靴を脱ぎ始め、見積もりを始めた担当者の訪問があり、びっくりしたことがあります。
そのような会社は一般的な常識から考えても、問題外と言えます。
担当の方の性格やそれまでの経験にもよりますが、一般的な常識から外れた訪問時の対応をする会社は、作業の方が良い方だとしても、契約をしようとは考えにくいですよね。
名刺の提示、訪問の目的を伝え、招き入れられてから、見積もり開始を伝えてもらいます。
手順をきちんと伝えることができるかどうかも見極めのポイントになります。

引越し作業の方の対応

引越し作業の方も、当日、まず責任者の紹介と、担当者の人数、一日の流れについての説明があることが評価となります。
作業の途中でも、予定時間の変更予測など、プロならではの見通しができることがおおくあります。その都度、作業の手を緩めることなく、手順の変更や時間の変更などの説明があることも大切なポイントです。
引越し作業は、見積もりの時間よりも早くなったり、遅くなったりするものです。予定通りの作業が進むことは中々ありません。
終了予定時間が早くなることで、困ることはあまりありませんが、大幅に遅れることはその後の予定が、後送りになってしまうので困ります。
運び出した荷物を積んだトラックが渋滞に巻き込まれて、到着予定時刻を遅れる等、だいたいの目安の時間などの提示がその都度都度であることで、予定の変更の手配ができます。
そのような配慮ができる作業ができる引越し業者はお勧めのポイントが高くなります。

「気配り 心配り 確認と言葉で伝える」ことができる引越し業者をお勧めします。

↑ PAGE TOP